高倉は日本独自の「変化の美学」によって構築された一種の「キャラクター文化」と位置付けている